〈 
 〉

病院の強み弱み分析 当社のホームページ、パンフレット HRファクトリーの支援では大きく2工程に分けています 2工程 「病院の強み」を知っていますか?

何の魅力もアピールせず、単に「当院で働いてください!」「健診を受診してください!」では人は集まりません。とはいえ競合する他の組織と全く同じPRでは読み手は「どちらも同じ」という印象を持ってしまい、自院オリジナルの”強み”にはならないのです。

ターゲットは絞れていますか?

施設間の競争に勝ち残るための「ランチェスター戦略」という考え方があります。自院の得意な(強みである)領域で戦うことで、読み手の関心を引きよせ競合施設に負けないPR活動を目指す必要があります。またターゲットが変われば「打ち出すべき強み」も変化します。ターゲットを意識した採用戦略を練ることが重要になります。

「病院の強み」と「看護学生のニーズ」が合っていますか?

≪看護師採用の場合≫
「これが自院の強みだ!」とアピールしても、看護学生のニーズに合致していなければ入職したい魅力的な病院にはなれません。採用とは他院との「差別化」によって勝負が決まります。差別化とは「他院になく、自院にあるもの」です。看護学生が欲しているもの、さらには「看護師として欲すべきもの」まで啓発できるようなストーリー構成をもったホームページにこそ学生は集まってくるのです!

≪健診受診者数UPの場合≫
誰もが健康で幸せに暮らしたいと望んでいます。そのため「どうしたら病気の早期発見につなげられるか」は受診希望者にとってニーズの高い情報です。検査項目は羅列だけではなく、わかりやすい検査紹介や連携する病院のバックアップ情報など、隣の競合病院との「差別化」になる情報を掲載することで、受診者は集まってくるのです!

看護師採用向け情報ツールを通じ私たちがやりたいこと HRファクトリーの願い
  • 看護師採用の戦い方
  • 健診受信者の獲得術
医療従事者向けセミナー講師派遣
ページトップへジャンプ